2007年11月18日日曜日

ヨーロッパ企画 前編

ヨロキカさん OBPのマクドにてテープおこし

団体について簡単に
基本的には舞台美術
ひたらくいうと
企画集団といっておりまして
主に演劇
それ以外にも映像的なことですとか、関西でラジオをやらせていただいていたりとか

ダイジェスト映像的なものを作ってきましたのでそれをご覧になってください。

ちょっと映像を暗くしていただいてよろしいでしょうか。
##
解説

ロボット工場
ベルトコンベアーなんですけどそういうものをつくってみました。
半分映画、半分舞台

ウィンドウズ5000
ちょっと未来の集合住宅というお芝居

DVD
公演だけじゃなくて

これがホームページ

ショートショートムービーフェスティバル
5分以内の映像をつくって
見せ合う

そしてですね、サマータイムマシンブルース
本広監督によって映画化された

ABCテレビで
特番です

とまあ
こんな感じでいろいろやらせていただているんですけども

こういうことをいろいろやっています
ABCラジオの夜1時半から

僕実は役者をやっていまして、それとは別にDVD制作やらホームページ制作に携わっております。

そもそも同志社大学の学生劇団でその中でできたユニットなんですけれども

じゃあ、とりあえず舞台やってみてよ

僕だけが
自分の居場所を確保しようとして
現在にいたるという感じになっています。

ヨーロッパ企画と僕の説明なんですけども、

舞台美術
表舞台に出れると思っていなかったのでものすごく緊張しています

建築界にものすごい憧れをもっていまして
同志社高校
そのままいくと
なかったんですよね、同志社大学には
外に受験してまで
遊びたいし、
ちょっと建築はやめておこう
演劇やっていたんですけども
とても緊張しています

さっそく舞台美術のほうの話

ヨーロッパ企画の中でしかつくったことがないので
ヨーロッパ企画の舞台美術と受け取っていただければと思います

もともと、今でもシチュエーションコメディ
一個の場所でお話がすすんで
舞台もちゃんと部屋なら部屋と立て込んでその中で
たとえばエスパーが集まる喫茶店ですとか
地球の人口が増えすぎて移民している宇宙船の中
よろきかの芸風だったんですが
それがですね、だんだん
舞台自体ともっと したら面白いんじゃないか
主催の上田というものが
舞台ともっとからみたいと言い出して
ロードランナーズハイというお芝居なんですが
ちらかった学生寮をただ片付けるという話
片付けると同時に地形がだんだんかわってきまして
ゲーム好きなんですね
掃除するんだけどついゲームをやっちゃう
僕が雑誌を運ぼうとしていたら
アクションゲームよろしく実際やる
このロードランナーズハイ

舞台とのからみで
延々最後まで行く

12:38

こういうこれまさに
森がある舞台上に出ているわけです
ちゃんと水をはってですね
洞窟をつくって入ったり
舞台そのものとお芝居
木に登るというのをどうしてもやりたい

こういう感じで舞台とからむ
ちょっと弱い人間で木に登れない

まさに舞台とからんで
怪我ばっかりしていたんけども
ハンモックで寝転んだり

これがわりと舞台とすごくからんでやろうとしてつくられたお芝居でして
なんでしょう、コメディなんですよ

舞台とからんでどうこうしようという方向性になってきまして

この芝居のあとに

京都で活動してまして京都の二条城の近くに
そこのリフォームもやろうということになりまして
というのがあって
ウィンドウズ5000
集合住宅なんです
中国にクーロン城というのがあるんですが
すごい人口が増えてですね
少なくなってしまった未来
これも映像があるんで見ていただきたいのですが

建物の中を覗けるソフトがあるという世界でして
それを区役所の人が覗いてしゃべっている

クリックすると

ウィンドウズが開くという演出でして
この中で暮らしている人を覗き見して

ちょっとだけ音声あげてもらってよろしいでしょうか

住んでいる区役所インがコメンタリしているんですね

というわけであのーまさに脚本をつくるということと
最初から設定とかは決まっているんですよ

そこからたとえばさっきあったようにシャッターをあけるという演出があるとか

あーいう実際につくってネタと舞台美術の設定が同時に決まっていくので
舞台美術のプラグが決まるのが

本番2週間前になっちゃう

これを出してくれというのがあって

業者さんにお願いするのは時間がなさすぎて

外注に出せなくて

演出家と僕が身近にいて

やりとりできる関係性で
ネタと地形が融合できているんじゃないかと

1週間くらいでこの舞台がつくられるんですよ

僕が設計をするんですけども
まず

こういう
絵を描いてもらうんですよ

それといろいろ話し合ったことにあわせて

井上くんというデザインをしている子がいるんですけども
書いてもらって

これをつくってもらって
それと平行して図面におこすわけですね

パーツの設計図をつくって

劇場にそのパーツをもっていって
だいたい丸一日かけて制作して

その現場でですね
すごい誤差がでちゃったり

そういうときに
僕以外はだいたい先輩なんです

いじられるという現場がありまして
それをすごく恐れて綿密な設計をするんですけども

その繰り返しをやっております

たぶん模型なんかをつくって
稽古がはじまるまえにある程度できていて
いつも本番直前まで

ヨーロッパハウスという事務所の裏側がありまして
そこで自分たちでこうしてつくるわけでなんです。

うちつけて、つくっております。

雨の日はブルーシートをつけて

ちなみにこんな作業風景なんかもあるんですけども
毎回こんな感じで役者たちは

日が暮れたら稽古をはじめてラスト2週間

本番があるという感じなんですよ

という感じでヨーロッパ企画の舞台美術ということで

ヨーロッパハウスというわれわれの事務所なんですけども
それが何回かに
改装しようという流れで
わりとおっきい
人が
あるとき大工に見ていただたら
床が抜けるぞ
その手下として指示をうけながら

25:33

これが完成した床なんですけども
こういうのを自分たちがやったりして

そのノウハウをいかして
ウィンドウズ5000になったり

京都精華大学の建築学科の学生さんたちに集めて
やっていただいたりして

ヨーロッパ企画のホームページにビフォーアフター
りすという機関紙の雑誌が出たんですけども
どういう
ヨーロッパハウスという連載を
メディアにのせて発表しているというような現状です

ちょっとしっちゃかめっちゃだったんですけども
いかがでしたでしょうか。



毎回建築の手帳というのはブレイクをはさむというのが
常でして、質問事項なんかを自分の中で用意してもらえたらなと思います。

地形というのは、いつの代表がいいだして
ネタと地形と言われていたのでなるほどちょうど僕らはランドスケープデザインというのがあって、


56:22

吉永さんのトーク
(…聞こえない)
…つくっていこうというときに
…地形、聞きながら…
打合せのときにうちにきてもらって
自分が設計していて
それを…
一階でもない
その…を融合して…

よろきかさん

0 件のコメント: